« 公訴取消し(小杉 健治) | トップページ | 雨の中、家族と… »

2006年7月15日 (土)

硝子のハンマー(貴志 裕介)

 2005年 第58回 日本推理作家協会賞受賞作品



 株式上場を目前に出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。

 エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラそして有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り自室で社長は撲殺された。shock 凶器は?殺害方法は? すべてが不明のまま正義感に燃える弁護士青砥純子は、防犯コンサルタント榎本径に協力を求め密室殺人の謎を解くことに…。

 img20060715.jpg

 試行錯誤しながら次第に真実に近づいて行く課程の描写に引き込まれました。

 後半は一転し犯人の独白により、動機と殺害方法が明らかとなる構成でラストは榎本の泥棒としての腕前を駆使し真相を解明していくと云う、読んでいて飽きない作品でした。



stars-4-0-.gif

|

« 公訴取消し(小杉 健治) | トップページ | 雨の中、家族と… »

貴志 祐介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公訴取消し(小杉 健治) | トップページ | 雨の中、家族と… »