« カマス狙いが・・・ | トップページ | アオリイカ »

2006年8月30日 (水)

探偵ガリレオ(東野 圭吾)

 本作、8年ほど前の作品で5話からなる連作短篇集。

 草薙刑事と湯川助教授が活躍するシリーズの1作目。直木賞を受賞した『容疑者Xの献身』もこのシリーズです。



 「燃える」「転写る(うつる)」「壊死(くさる)」「爆ぜる(はぜる)」「離脱る(ぬける)」このタイトルどおりの殺人事件が起こります。警視庁捜査一課の草薙は捜査に行き詰まると、帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学のもとに訪れ助けを求める。そして、湯川は物理学の知識を用い事件を解決して行くと云うものです。

 img20060830.jpg

 草薙刑事と湯川の絡みは面白いものがあるのですが、1つの話が短編である為に東野マジックはなく、なんとなく物足りなさが残る作品でした。gawk

 これらを長編に加筆修正し新たに書き下ろしされれば面白いかもしれませんね。sign01

 基本的に私は短編小説が好きではないので・・・

stars-3-5-.gif

|

« カマス狙いが・・・ | トップページ | アオリイカ »

東野 圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カマス狙いが・・・ | トップページ | アオリイカ »