« 世紀末大(グラン)バザール六月の雪(日向 旦) | トップページ | アオリイカ »

2006年8月 8日 (火)

赤い指(東野 圭吾)

 会社員の夫・前原昭夫は、残業中に妻・八重子から「早く帰ってきて欲しい」と切羽詰った様子の電話を受け余儀なく帰宅することに。昭夫にとって、この時から新たな苦悩の始まりだった。

 重い気持ちで帰宅した昭夫が目にしたものは・・・。庭に黒いビニール袋をかぶせられた知らない少女の死体であった。shock 聞けば中学生の一人息子・直巳が殺したのだと云う。昭夫は、八重子に直巳を自首させるように説得するが、反対に八重子に言い包められ悩んだ末、この犯罪を隠蔽することを決意する。

 事件と向き合うことで昭夫は、家族と向き合うことになるが、名刑事・加賀恭一郎によって追い詰められる悪夢と救済の二日間。

 img20060808.jpg

 本作、事件を通して描かれる現代社会においての、いじめ、引きこもり、嫁姑の確執、介護問題どこの家庭でも起こり得る問題をテーマにした作品。



 ミステリーとしては物足りなさを感じましたが、ラストは、タイトルでもある「赤い指」の意味。そして、子どもを思う親の気持ち、涙する感動・・・。weep 流石、東野圭吾sign01って感じでした。



 「容疑者Xの献身」とまではいきませんが・・・是非、読んでいただきたい一冊です。



stars-5-0-.gif

|

« 世紀末大(グラン)バザール六月の雪(日向 旦) | トップページ | アオリイカ »

東野 圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世紀末大(グラン)バザール六月の雪(日向 旦) | トップページ | アオリイカ »