« 私の胸には蝮が宿り(長坂 秀佳) | トップページ | ブレイクスルー・トライアル(伊園 旬) »

2007年1月27日 (土)

悪魔の種子(内田 康夫)

 内田康夫さんの浅見光彦99番目の作品。

 秋田県西馬音内盆踊りの最中、茨城県農業研究所に勤務する男がヨロヨロとした足取りで踊りの列へ入り死亡する。shock また、霞ヶ浦で長岡農業研究所勤務の男の溺死体が発見される。「花粉症緩和米」開発とその実験田にからむ連続殺人事件に、浅見光彦がしなやかな思考で挑む。

 神でさえしなかった新種作り(神の領域)に、「自然の摂理に逆らわない方がいい」と思いつつ挑む人間の業が、事件を生む。



 img20070127.jpg 悪魔の種子

icon



 本書、社会的問題になっている遺伝子組み換えをテーマに、人間の都合で作物や生物の遺伝子操作を行い続けることに対し問題提起している作品でした。



 今回の光彦は、浅見家のお手伝い・須美子からの依頼で捜査することになりますが、事件そのものにはトリックはなく、ミステリー的には楽しくない weep 作品でした。しかし、遺伝子操作などのバイオテクノロジーにより養殖鯉の全てが“”であることや、“花粉症緩和米”なるものが開発されていることを初めて知り良い勉強になりました。また、“コシヒカリ”が今日の地位を占めるまでの歴史的変遷も解ったので良かったです。



stars-3-5-.gif

|

« 私の胸には蝮が宿り(長坂 秀佳) | トップページ | ブレイクスルー・トライアル(伊園 旬) »

内田 康夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の胸には蝮が宿り(長坂 秀佳) | トップページ | ブレイクスルー・トライアル(伊園 旬) »