« 氷の華(天野 節子) | トップページ | ソウルケイジ(誉田 哲也) »

2007年6月 3日 (日)

キロアップを釣りたい

 昨日を朝、友人の杉本君と二人で午前1時に香住へ向けて出発 cardash した。

 午前3時半頃に到着し早速、タックルの準備に取り掛かり4時前には竿を振っていた。この日は、大潮で期待ができる。shine

 白々と夜が明けてきた。キャスト&シャクリを繰り返すが、二人とも全くアタリがない。どうして…weep

 完全に夜が明けてしまい、ブルーな気持ちに…。だが…それは、突然にやってきた。隣でシャックっていた杉本君の竿が弘を描いている。『きましたよ~note』と微笑んでいる杉本君。『マジかよ~sign01』と私。先を越され少しショックではあるが、ギャフでランディングに務める。



 20070603_1.jpg



 計ってみると900gである。“う~~ん、キロ越えは難しい~”

 次は私の番でると自分に言い聞かす。しかし、後が続かない。

 しばらくして、『おっしゃ~~~』と私の竿にきたのである。 今度は杉本君にランディングしてもらう。



 20070603_2.jpg



 キロ。“う~~ん、キロ越えは難しい~”今年は何故かキロアップから見放されている私である。



 20070603_3.jpg



 この後、小ぶりの甲烏賊を釣り上げてしまったannoy。姿が“グロ”すぎるので画像のアップはしないことに。

 気を取り直し、竿を振るが二人にアタリがない。已むなくこのポイントを諦め移動することに。

 次に狙うポイントは、久美浜。兵庫県北部から1時間程かけ、京都府は京丹後市への移動。某漁港へ到着し竿を振る。数投した後、杉本君の竿に900g。これで杉本君が2杯。

 その後、ランガンを繰り返すが烏賊の姿を拝む事は出来ず、時間は5時。これから夕まずめ時だが二人とも歳には勝てずsweat01、これで竿を畳むことに。釣果は、二人で3杯だった。



 次回は“必ずやキロアップを…”と胸に秘め京丹後市を後にした。





大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

|

« 氷の華(天野 節子) | トップページ | ソウルケイジ(誉田 哲也) »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷の華(天野 節子) | トップページ | ソウルケイジ(誉田 哲也) »