« ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂 尊) | トップページ | アオリイカ(新子 その1) »

2007年8月13日 (月)

宿命(小杉 健治)

 凄惨だったが、単純な殺人事件に思えた。包丁で刺された男性は死亡し、被疑者の女は素直に犯行を自供している。動機も十分に納得できるものだった。だが、沢木検事は最初から違和感を拭えないでいた。そして、彼女の思わず発したひと言に沢木の疑念は確信に変わる。事件の真犯人は? そして女が隠し通そうとする秘密とは? 迫真の司法ミステリー。



 img20070813.jpg  宿命

icon



 本書、検事・沢木正夫シリーズの4作目。被疑者の唐突な言葉から5年前に亡くなった沢木の妻・貴子の死の真相を探ることとなる。貴子殺害事件の謎が明らかになると共に貴子の過去を知ることに。shock ほんとうのことを知ることが、必ずしも救われるのか? かえって傷つくことになるのではないか? でも、真実が知りたい。残酷な運命のいたずらに翻弄される主人公・沢木

 感情移入させられる素晴らしい作品で一気に読める。 そして、ラストでは驚愕の真実が待ち受けていた。涙するほど、久々に感動する作品に出会えた。 ぜひお勧めしたい。



stars-5-0-.gif




IMAGEnet

|

« ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂 尊) | トップページ | アオリイカ(新子 その1) »

小杉 健治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂 尊) | トップページ | アオリイカ(新子 その1) »