« 首鳴き鬼の島(石崎 幸二) | トップページ | 異界(鳥飼 否宇) »

2007年10月13日 (土)

アオリイカ(新子 その4)

 今朝、久し振りに明石の某所へ行ってきた。cardash

 5時前に到着し準備に取り掛かろうとした時、“お~くぼ君”と出会った。どうやら昨夜から友人と二人で来ていたらしく、今から帰宅するとのこと。そこで、ポイントの状況を聞くことに……。

 投げ釣りをしている人が居るためにキャストできるところが限られている。しかもエギンガーが多く、潮の流れが速いとのこと。う~~ん、どのような釣りをすればいいのだろう。潮が早いとなると底がとれない。最悪の状況だ weep 果たしてイカちゃんを釣ることができるのか……。

 釣果を聞いてみると“お~くぼ君”は、3.5号鉛チューンで2杯釣り上げたとのこと。流石だぁ~。

 タックルの準備も終わり“お~くぼ君”と別れ、先ずはキャストできるところを探さねば… run 周囲はまだ暗く、夜明けまで少し時間がある。なんとか場所を確保し、3.0号のエギを付けキャストする。やはり3.0号では流されてしまう。ならばショートジャークで活性の高いイカちゃんを狙うが、全くダメ。

 暫くすると潮の流れも緩やかになり、底をとれるようになってきた。そして、 白々と夜が明けてきた。朝マズメだ、いよいよここからが本番。 気合を入れキャスト。だが…全くダメ。weep 無情にも時間だけが過ぎていく。

 時計は7時を指している。今日は8時までの予定。このままでは丸ボウだsign01と思っていると、潮が止まりかけている。これは狙い目かなぁ~と考えていると、『きたぁ~~』やっとのことで1杯をゲット。



 

20071013_1.jpg


 大きさも掌位になり食べごろサイズではないかぁ~、それに、丸ボウを避けることができた。うれしい。happy02

 
20071013_2.jpg


 この後、2杯を追加し8時になったところで竿を畳むことに。

 結局、今日の釣果は3杯。一時はどうなるかと冷や冷やものsweat01 だった。

 早く、デジカメを新調しないと……携帯で撮ると、どうしてもブレてしまう。annoy



|

« 首鳴き鬼の島(石崎 幸二) | トップページ | 異界(鳥飼 否宇) »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首鳴き鬼の島(石崎 幸二) | トップページ | 異界(鳥飼 否宇) »