« ダイイング・アイ(東野 圭吾) | トップページ | メディア・スターは最後に笑う(水原 秀策) »

2007年12月24日 (月)

ランボー・クラブ(岸田 るり子)

 フランス語など習ったこともない不登校中学生の僕が、なぜ、サイト“ランボー・クラブ”のトップページに掲げられたフランス語の詩を読めるのだろうか?僕はいったい誰なのか?ある日、そのランボーの詩が書き換えられ、その詩が暗示する殺人事件が…。色覚障害の少年をめぐる事件の驚くべき真相。



 img20071224.jpg  ランボー・クラブ

icon



 昨今、学校へ行かない、あるいは行くことを拒否している子どもが増えている。昔も同じような子どもはいた。しかし、最近は少し違ってきた。行きたいのに行けない子どもがたくさんいるようだ。神経症タイプ、怠けタイプ、うつ病タイプもしくは無気力症タイプと様様である。原因を探し出し、それに合ったカウンセリングを受けることが必要だろう。そして一刻も早く復帰して欲しい。

 本書は、そういった人間関係にとけ込むことができなくなった少年を主人公にしている。この少年は、色覚障害であることを含め、自分に関わる不可解な謎を掘り起こしていくうちに家族からも追いつめられ、逃げ場を失いながらも自分自身を取り戻そうとする態が描かれている。そして、アルチュール・ランボーの詩「母音」に絡めた連続殺人事件の真相を女探偵が解き明かすというもの。

 著者によればこの作品、デビュー作である『密室の鎮魂歌(レクイエム)』よりも先に書かれたもので、非常に愛着があってどうしても埋もれさせたくない、という思いから大幅に改稿し、出版されたようだ。

 だからなのか?前作の『天使の眠り』に比べると伏線が弱すぎる。どんでん返しや『なるほど?』と唸らせるところがなかった。だが、全般的に云えば楽しい作品に仕上がっている。探偵事務所のメンバーの会話がコメディタッチに描かれていて、飽きるところがなかった。

 個人的には、次作“ミツイ探偵事務所”で続編を書いて貰いたい。



stars-4-0-.gif




セブンアンドワイ

|

« ダイイング・アイ(東野 圭吾) | トップページ | メディア・スターは最後に笑う(水原 秀策) »

岸田 るり子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイイング・アイ(東野 圭吾) | トップページ | メディア・スターは最後に笑う(水原 秀策) »