« 過去からの手紙(岸田 るり子) | トップページ | 人形が死んだ夜(土屋 隆夫) »

2008年3月29日 (土)

愛が理由(矢口 敦子)

 閉め切った部屋で火鉢を使い、携帯を握りしめ笑顔で死んでいった親友の美佐子。死の真相を追う麻子の前に現れたのは、少女と見間違えるほどの美貌の少年・

 美佐子の甥の友人で、美佐子とも面識があり、学校で密かに流行っているらしい「心中ゲーム」のことを麻子に教えた。それは、年上の女性を巧みに誘惑し、心中を持ちかけて相手だけ死なせるというものだった・・・。



 img20080329.jpg  愛が理由

icon



 友人の死に不審を抱いた主人公が、死の謎を解き明かすべく行動する。そのうちパートーナーとなる人物が現れ、心惹かれてしまう。共に真相を追うこととなるが、謎は深まるばかりで、次第に主人公自身も渦中に巻き込まれ困惑していく。おまけに真犯人は心惹かれた相手だった。ということはよくあるプロットだ。

 本書の場合も同じようなプロットではあるが、女同士の友情、そして大人の女と少年の恋愛を上手く噛み合わせたサスペンス仕立てになっている。しかし、内容的にはイマイチ。主人公が回想するシーンがやたらと多いのにはウンザリさせられる。また、死の直前に見違えるように美しく、生き生きと変身していった美佐子や主人公の麻子が、美貌の少年・泉と出合ったことにより美しくなっていく態が伝わってはくるが、麻子のミイラ取りがミイラになってしまうところはイタダケない。ラストでも麻子が混乱し追い詰められていく様子は理解に苦しむ。女性の目線で読めば良かったのかもしれないが…、どうも消化不良を起こしたようで満足感は薄いものだった。weepこの作品、明らかに女性向である。



stars-2-5-.gif




トリンプ・オンラインショップ

|

« 過去からの手紙(岸田 るり子) | トップページ | 人形が死んだ夜(土屋 隆夫) »

矢口 敦子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去からの手紙(岸田 るり子) | トップページ | 人形が死んだ夜(土屋 隆夫) »