« 裁判員法廷(芦辺 拓) | トップページ | 屈辱の春烏賊 »

2008年4月27日 (日)

長き雨の烙印(堂場 瞬一)

 殺人事件の犯人として連行される親友の庄司を、学生の伊達はただ見送るしかなかった。県警捜査一課で中堅の刑事となった今、服役を終えた庄司が冤罪を申し立てた。しかし、その直後に再び似通った手口の女児暴行事件が起きる。伊達は20年前のある記憶を胸に、かつて庄司を逮捕したベテラン刑事・脇坂と対立しながらも、捜査にあたるが―。



 img20080427.jpg  長き雨の烙印

icon



 “冤罪”無実であるのに犯罪者として扱われ、人生の全てを失ってしまう。警察は完璧な人間の集まりではないのは解るが、しかし警察の強引な捜査が温床になっているのは間違いなく、あってはならないこと。angry

 本書は、冤罪をテーマに親友を目の前で逮捕され、何もできず20年間背負い続けていた負い目を払拭するため、親友を救おうとする刑事と、冤罪立証に未来をかける弁護士、そして娘を殺された父親の物語である。

 20年前に起きた事件は本当に冤罪だったのだろうか?別に真犯人がいて第二の事件を起こしたのか?それとも模倣犯なのか?読む進めるにつれ謎が深まり、ページを捲りたくなる作品だった。



stars-3-5-.gif

|

« 裁判員法廷(芦辺 拓) | トップページ | 屈辱の春烏賊 »

堂場 瞬一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裁判員法廷(芦辺 拓) | トップページ | 屈辱の春烏賊 »