« 狐火の家(貴志 祐介) | トップページ | 白蛇の洗礼(高田 崇史) »

2008年5月18日 (日)

リベンジ

 GWのリベンジを果たすべく、昨日、奥野君・杉本君とで香住へ行ってきた。お~くぼ君からの情報で、GWの後半から良く釣れているとのこと。この前(5/3)に行った時は、散々な結果に終っているので、なんとか一矢報いたいところである。

 午前1時過ぎに出発し、3時半頃、香住に到着したが凄い車の数である。駐車できるスペースが在るのか?心配したが何とか止められるところを見つけ、タックルの準備に取り掛かる。これも釣れている証だと納得し、暗闇のなか足早にポイントを目指す。しかし、車数のわりにはエギンガーが少ないようだ。まだ夜明け前なので、車中で仮眠をとっている人も居るのだろう。と、勝手な解釈をする。まぁ人が少ない方が有り難いのだが…。

 ようやくポイントに着き暗闇の中、期待を込めキャストする。何度もキャストするが、アタリが全くない。weep 白々と夜が明けてきた、イカちゃんの姿を拝むことができない。これは、マズイ shock 朝マズメに釣れないと不安である。しかし、無情にも時間だけが過ぎ夜が明た。なおも釣れない。

 6時半頃、遂にその時がきたsign01久し振りの“グイ~ングイ~ン”と強い引き。楽しい。happy01



2008_05_17_1.jpg


 1,300gイカちゃんである。これで何とか一矢報いることができた。

 しかし、この後が続かない。weep

 あまりにも釣れなくて、少しダレ気味になってきた8時半頃。秘密兵器の登場ということで“2005年 YAMASHITA エギ王決定戦 in 淡路”の参加賞で戴いた非売品のエギにスウィッチ。すると直ぐに“ジィ~~~”と1杯目よりも強い引きでドラグが出て行く。これはかなりのイカちゃんだぁ。



2008_05_17_2.jpg


 揚げてみると1,700g、まぁまぁだ。非売品エギは効くぞ~。ってことで、ロストすると勿体無いので秘密兵器の出番はこれで終わり。

 そして…1時間後。やっと杉本君に 1,350gのイカちゃんがsign01



2008_05_17_3.jpg


 この後、またまた続かず、ダレダレ気味。

 12時頃ようやく3杯目を揚げた。



2008_05_17_4.jpg


 それから、直ぐに 1,400g含む2杯を追加することができたが、奥野君だけがまだイカちゃんを釣り揚げていない。このままだとマズイのでは…。shock 何としてでも揚げて貰わないと帰ることができない。

 暫らくして、『きたっ~~』と、奥野君が叫ぶ。横を見ると竿が弓なりに…。おめでとう。 ↓



2008_05_17_7.jpg


 これで3人とも丸ボウは免れた。この後、杉本君が小ぶりな奴を1杯追加して3時半。みんな歳には勝てず帰路に着くことに。cardash

 結局、この日の釣果は、5杯。杉本君が2杯。奥野君が1杯。合計8杯、春イカの強い引きを味わうことができ、満足のいく一日だった。何よりもリベンジを果したことが嬉しい。



2008_05_17_8.jpg




|

« 狐火の家(貴志 祐介) | トップページ | 白蛇の洗礼(高田 崇史) »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狐火の家(貴志 祐介) | トップページ | 白蛇の洗礼(高田 崇史) »