« 山魔(やまんま)の如き嗤うもの(三津田 信三) | トップページ | めぐり会い(岸田 るり子) »

2008年6月 7日 (土)

小ぶりな春烏賊

 今日、奥野君と杉本君、そして、宮本君の4人で播磨灘の某所へ向け車を走らせた。cardash 4時頃、釣り場へ到着したのだが、凄い数の車である。ここは、春烏賊で有名なポイント。入ることができるのか心配したが、思ったほどエギンガーの姿はなく、難なく入ることができた。

 暗闇の中、早速キャストする。潮の流れが速い。日本海とは比べ物にならないくらいだ。もうすぐ夜が明けるが、この潮で果たして釣ることができるだろうか…。少し不安…。gawk

 夜が完全に明けた。未だにバイトがない。ヤバイ。丸ボウだろうか…、と考えていると潮の流れが緩やかになってきた。暫らくすれば潮が一時止まり、潮の変わり目がくるsign01その時が勝負だ。

 周りでポツポツと上がり始めた。地合い到来か~、気合十分 戦闘開始モード全快。

 そして…遂にきたぁ~“グィ~”。“グィ~ングィ~ン”ではなく、“グィ~”だ。これは小さいぞ~。引き寄せると、ギャフがいらないくらいのサイズ。これなら“抜ける”と思い…抜きにかかる。 (この判断が間違いだった。sweat01) この時、烏賊から墨噴射攻撃 を受けてしまった。お陰で衣類が墨だらけに…最悪だ。annoy帰ったら嫁さんに怒られる~。weep



20080607_1.jpg


あげてみれば、500gほど。小さいが食べごろサイズだし、丸ボウは免れたので“ヨシ”とすることに。

 着替えた後、気持ちを新たにキャストするが、後が続かない。いつものように…。(-_-メ)

暫らくて潮が反対方向へと流れ出した。横を見ると杉本君の竿が弘を描いている。まぁまぁのサイズのようだ。あげてみれば、800g。キロアップならず。残念。 weep



20080607_2.jpg


時間も過ぎ、8時になろうとしている。そろそろ、帰ろうかと考えていた時、またもや潮の流れが緩やかになってきた。これはチャンスと思い、気合を入れキャスト。

 潮が止まりそうになった時、“グィ~”。またもや“グィ~ングィ~ン”ではなく、“グィ~”だ。1杯目と同じようなサイズだが、今回はちゃんとギャフを使いあげることに。

 この後、暫らく粘ったが誰の竿にもアタリがなく、竿を畳むことに。

 釣果としては、500gクラスが2杯、杉本君が800gを1杯、計3杯だった。

 今日は、なんとなく小ぶりな春烏賊デー。

|

« 山魔(やまんま)の如き嗤うもの(三津田 信三) | トップページ | めぐり会い(岸田 るり子) »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山魔(やまんま)の如き嗤うもの(三津田 信三) | トップページ | めぐり会い(岸田 るり子) »