« 誘う森/吉永 南央 | トップページ | カラスの親指/道尾 秀介 »

2008年8月31日 (日)

秋烏賊(その1)

 昨日の早朝から、友人の宮本君と京都府は京丹後市へ、今季初の秋烏賊を狙いに行ってきた。

 ここ最近の4、5日は雨が降ったり止んだりと鬱陶しい天気が続いている。この日も天気予報では京都府北部は曇り一時雨となっている。雨が降らないのを期待して、5時過ぎ某所へ到着。雨は降ってなかったが、今にも降りだしそうな雲行き、おまけに暴風ときている。海はというと wave ウネリが出ていて最悪のコンディション。shock このポイントへ来るといつもこんな感じで、もう慣れてしまった感がある。雨が降り出す前に釣っておこうと、早速タックルの準備に取り掛る。

 先ずは、“3.0号”のエギでフィールドチェック。数投目でアタリが・・・”グィーン”と、なかなか良い引きである。

 20080830_1.jpg



 この時期にしては良型の 600gをゲット。幸先の良いスタート切り、気を良くしてキャスト&シャクリを繰り返す。然し、烏賊ちゃんは抱いてこない。“3.0号”を諦め、“2.5号”にチェンジし、ハイピッチ・ショートジャークで新子ちゃんをゲット。中にはエギと同じくらいのサイズが抱いてくる。でも、このサイズはリリース。

 20080830_2.jpg



 暫らくして、雨が降り出してきた。横殴りの雨である。おまけに雷も鳴り鳴り出す始末、このまま釣りを続けるのは危険と思い、一時撤退。weep

 この後、雨は降ったり止んだりを繰り返すが、風は一向に止みそうにない。仕方がないので、ポイント移動することにしたが、どこも同じようなもので北からの風が強い。休憩を挟みながらキャストするが、烏賊ちゃんはゲットならず。そうこうしている間に“夕まずめ”になってしまった。

 この頃には風も和らぎ釣り易くなっていたが、雨は相変わらず降ったり止んだり。ラストチャンスに賭けキャストするものの、釣課は上がらずトータル12杯という結果で竿を畳むことに…。weep

 今回は、風雨に悩まされた最悪の釣行だった。次回は必ずやsign01リベンジを、と胸に秘めポイントを後にした。

|

« 誘う森/吉永 南央 | トップページ | カラスの親指/道尾 秀介 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誘う森/吉永 南央 | トップページ | カラスの親指/道尾 秀介 »