« カラスの親指/道尾 秀介 | トップページ | 誘拐児/翔田 寛 »

2008年9月14日 (日)

最悪の秋烏賊(その2)

 昨日、先々週のリベンジを果たすべく奥野君と共に京都府京丹後市へ車を飛ばした。cardash

 2時間程の道中、ずっと雨が降っていたが、現地に到着した頃にはあがり無風状態。前回とは違い絶好のコンディション。俄然、釣捲くりモード全開である。

 早速、キャストしシャクる。直ぐに烏賊ちゃんが抱いてきて、テンポ良く釣り上げる。烏賊ちゃんは、前回よりも一回りは大きくなっており、そこそこ引いてはくるがサイズが上がらない。そうこうしている間に烏賊ちゃんの姿が見えなくなり、敢え無くこのポイントを断念し移動することに。



20080913.jpg


 次のポイントでも始めはテンポ良く釣れるのだが、時間が経つと烏賊ちゃんの姿が消えてしまう。仕方なく次のポイントへと移動する。今回の釣り場は磯場をメインに攻めている。これが最悪の事態を生んでしまった。shock 地磯を移動中、足元が滑ってしまい転倒してしまったのである。しかも、短パン、素足にサンダルという格好だったため、左足膝を斬り、右足人差し指の爪を剥ぐという怪我をしてしまった。とり合えず止血を施し何とか歩ける状態にしたが、釣りの続行は不可能。時間は、まだ昼を少しまわった頃だけど、奥野君には悪いがここで竿を畳むことに。

 釣果は、まずまずの24杯。だが、そんなことより年甲斐もなく怪我をして、友人に迷惑懸けたことが情けない。sweat01 今回の釣行で自分に言い聞かせた事は、『釣りをする時は長ズボン、長靴または靴に限る』ということ。

 怪我をするときは、するが極力軽減するようにしなければならない。できれば、危なそうな場所(地磯)での釣りは止めることだろう。しかし、烏賊ちゃんの釣果が減ってしまうだろう。これでは釣行の意味がなくなってしまう。難しい選択肢だが shock 取り敢えずは、気を付けるしかないか…? そして、暫らくは大人しくしておこう…。weep

|

« カラスの親指/道尾 秀介 | トップページ | 誘拐児/翔田 寛 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスの親指/道尾 秀介 | トップページ | 誘拐児/翔田 寛 »