« 聖母(ホスト・マザー)/」仙川 環 | トップページ | 本格ミステリ館焼失/早見 江堂 »

2008年11月 2日 (日)

青の懺悔/堂場 瞬一

 刑事は辞めても刑事なのか――。人生の挫折はいくらでも取り戻せる。だが、それができるのは過ちに対し、責任を取る姿勢がある人間だけだ。

 神奈川県警を辞め、横浜で私立探偵の看板を掲げた真崎薫は、ネコ探しを依頼されるなど、慣れない探偵業に無聊をかこつ日々を送っていた。そんな真崎薫のもとに、高校時代の仲間、長坂が現れる。その再会は、事件の始まりに過ぎなかった――。



 img20081102.jpg  青の懺悔

icon



 ある日、高校野球部のかつての友人、長坂が訪ねて来る。スポーツ選手の代理人をやっているとのことだが、なかなか上手くいかないようで、真崎と 同様、燻る日々らしい。それから数日後、長坂が結城を伴って真崎の元を再訪する。結城も高校時代の仲間であり、プロ入りした野球選手 で、FA権を取得後、メジャーへ挑戦したが思うような成績は残せず、2年で日本に戻り、元のチームでプレーすることになっていた。憔悴した 様子の結城は、息子・翔也が誘拐されたと真崎に打ち明けるのだった。

 本書は、誘拐事件に元警察官の探偵が挑んでいくというストーリーで、ミステリーものではなく、どちらかといえばエンタメ系の作品で中盤あたりに犯人が解ってしまうというのはいただけない。今までにも著者の作品には野球関連が多いが、今回の主人公の真崎は、ディテールにこだわりを持つという刑事・鳴沢了とを混ぜ合わせたような感じになっている。前回読んだ“長き雨の烙印”を彷彿させるような、読み進めるに連れて謎が深まるような作品でなかったのが残念である。weep



stars-2-5-.gif

|

« 聖母(ホスト・マザー)/」仙川 環 | トップページ | 本格ミステリ館焼失/早見 江堂 »

堂場 瞬一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖母(ホスト・マザー)/」仙川 環 | トップページ | 本格ミステリ館焼失/早見 江堂 »