« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

龍神の雨/道尾 秀介

 人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。



 img20090830.jpg



 「だまされまいと心して読んでいるのに、またしてもだまされた」

 今もっとも注目されている若手ミステリー作家、道尾秀介の作品を読み続けている人なら誰しも思っていることだろう。

 作者は一作ごとに傾向も味わいも違う作品を書き続けながら、読者を跳び上がらせる大胆極まりない仕掛けを常に用意している。そう、道尾秀介はもっとも油断のならない作家である。

 本書は肉親と死に別れた二組のきょうだいが登場する犯罪小説風のサスペンスである。

 19歳になる添木田蓮は実母の急死後、暴力をふるう継父を疎ましく思いはじめる。その感情は、中学3年生の妹の楓に対し、継父が性的な劣情を向けていると思い込んだ瞬間から、殺意へと変わっていく。

 一方、中学生の辰也と小学校の圭介の兄弟は、実母の死後に再婚した父親を病気で失い、継母と暮らしていた。達也は継母の存在を認めず非行に走り、圭介は2年前に実母が死んだ原因が自分にあるとひそかに悩み続けていた。

 台風による大雨の日、蓮は継父を事故死に見せかけて殺す仕掛けをして外出する。帰宅した蓮は、継父の死体を発見するが、妹の楓から自分が継父を殺したと告白される。二人は死体を遺棄しようとするが、殺人の証拠となるスカーフが、辰也の手に渡ってしまう。

 物事も人間のありようも、一面からでは判断できない。二組のきょうだいの視点人物である蓮と圭介。彼らが“見た”、息づまるような現実を追っていくうち、読者は作者が仕掛けた周到な罠にからめ捕らわれていく。



stars-3-5-.gif


| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

妃は船を沈める/有栖川 有栖

 所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。―何を願って眠るのだろう。

 臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。



 img20090824.jpg



 恐怖小説の古典としてあまりに有名な『猿の手』。あの作品で語られているのは猿の右手で、じつは左手も実在していたとしたら。そして、その手が自分の手元にあったとしたら。想い人を我がものにしたい執着と、もてはやされながら虚飾に溺れていたい自意識と。かなう願いは、果たして誰のものなのか?

 わずか3年弱のあいだに、立て続けに二つの事件の当事者となった謎の女。犯罪社会学者・火村英生と作家・有栖川有栖が、縺れた事件の真相と、背後に浮かび上がる人間のどうしようもない性に迫る。



stars-3-0-.gif


2009年1月31日 読破

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

悪党/薬丸 岳

 自らが犯した不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。決して繁盛しているとはいえない事務所に、ある老夫婦から人捜しの依頼が舞い込んだ。自分たちの息子を殺し、少年院を出て社会復帰しているはずの男を捜し出し、さらに、その男を赦すべきか、赦すべきでないのか、その判断材料を見つけて欲しいというのだ。この仕事に後ろ向きだった佐伯は、所長の命令で渋々調査を開始する。実は、佐伯自身も、かつて身内を殺された犯罪被害者遺族なのだった…。



 img20090820.jpg



 著者は、文芸誌「野性時代」で佐伯を主人公にした短編を7作発表していた。単行本化にあたり、全作品を大幅改稿し、一本の長編小説としてまとめ直したのが、この『悪党』という作品。

 犯罪者は何をもって罪を償ったといえるのか? 犯罪被害者遺族は何をもって罪を赦すべきなのか?犯罪者と犯罪被害者遺族の心の葛藤(かっとう)を克明に描いた、衝撃と感動の傑作社会派ミステリー。



stars-4-5-.gif


| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

智天使(ケルビム)の不思議/二階堂 黎人

 大学生にして、多くの刑事事件の解決に貢献した、「名探偵」水乃サトル。親しくなった刑事から聞かされたのは、サトルもよく知っている人気女性マンガ家に容疑がかかり、迷宮入りした殺人事件の詳細だった。相互に矛盾する手掛かりから、真相にたどりつくことはできるのか!?やがて、彼女の周辺で新たな殺人が起こり、事態は混迷をきわめて…。現在と過去の二つの事件。巧緻を極めた、驚くべき完全犯罪計画。圧倒的な緊迫感で描く、究極の本格推理小説。



 img20090817.jpg



 崩しようのないアリバイと、極端に作為的な殺人と死体遺棄。手掛かりは相互に矛盾しており、真相は闇のなかだ。刑事たちは、天馬ルミ子が主犯、彼女に影のように従う男・杉森修一が実行犯だと考えているのだが、その証拠は得られていない。

 事件に興味を持って調べ始めたサトルは、さらなる殺人事件に遭遇する。そこでもまた、考えられないような奸計が張り巡らされているのだった……。

終始本格ミステリーにこだわり続け、トリッキーで大胆な作品を連発する二階堂黎人の鮮やかなる傑作。



stars-4-0-.gif

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

彼女らは雪の迷宮に/芦辺 拓

 まったく共通点がなく年齢も異なる6人の女たちに、谷底の一軒宿〈雪華荘ホテル〉から届いた招待状。期待に胸をふくらませてホテルを訪れた彼女たちは戸惑った。宿泊者どころか従業員さえいないのだ。誰がなぜ彼女たちを集めたのか?不安が高まる中、7番目の客を名乗る不審な女が現れ、主婦の鴨下結衣子が忽然と姿を消した。残された6人は吹雪でホテルからは出られない。彼女の行方を案じているうちにまた姿を消すものが出て…。

 この奇妙なホテルには何か秘密が!?巻き込まれた助手・新島ともかを救うため、名探偵・森江春策が初めてクローズド・サークルの謎に挑む。



img20090813.jpg



stars-3-0-.gif


2009年1月26日 読破

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

死刑基準/加茂 隆康

 弁護士の妻が惨殺された。逮捕・起訴された男には粗暴犯の前科があった。だが強姦容疑は認めたものの、殺人は頑強に否認する。被告人の供述は虚偽なのか?逆転の連続!書き下ろしデビュー作品。



 img20090809.jpg



 弁護士の妻が惨殺された。起訴された男には粗暴犯の前科があった。彼は奇妙な動機を自供した。自分の息子が殺されたとき、その弁護士の弁護のせいで死刑になるべき犯人が無期懲役になった。

 遺族の悔しさを思い知らせるために、事件とは無関係な弁護士の妻に性的暴行を働いたというのである。だが、殺人については頑強に否認した。

 この事件の裁判の経過が、その弁護士の年下の友人で後に被告側の弁護人を務める若い弁護士の視点からリアルに描き出される。法廷場面の描写には、さすがに本職ならではの臨場感がある。また、そのなかで現行の司法制度がかかえるさまざまな問題点が明かされる。

 登場人物は、犯罪者のためには国選弁護料も含めて年間260億円の国費が使われるが、被害者遺族に対する給付金はわずか4億8千万円にすぎないと指摘する。国民の圧倒的多数は死刑制度を支持しているが、実は死刑か無期懲役かの基準は揺れているのが現状だ。

 裁判員制度はスタートしたが、もし自分が選ばれてこの事件を審理することになったらと考えただけで背筋が寒くなる。その意味で、本書はショッキングなだけでなく、きわめてタイムリーな法廷ミステリーだといえる。



stars-3-5-.gif


2009年1月17日 読破

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

壺霊/内田 康夫

 800年の時を生き“紫式部”と名付けられた壺に、心奪われる男たち、その犠牲となり恨みをのんで彷徨う女たち。浅見光彦は1200年の歴史に潜む闇の呪縛を断ち切れるのか。源氏物語千年紀に贈る文芸ミステリー。



 img20090802.jpg   img20090802_1.jpg



 京都の老舗骨董店・正雲堂の嫁である伊丹佳奈が失踪した。嫁ぐ際に持参した高価な高麗青磁の壺“紫式部”も消えている。残された唯一の手がかり、縁切り神社・安井金比羅宮の形代には、佳奈と夫の離縁を祈願する内容に、見知らぬ女性の名前と住所が添えられていた。その紫野の住所で浅見光彦が発見したのは、何と紫式部の墓。しかも、壺を“紫式部”と名付けた男は、7年前に変死しているという…。京都町家暮らしという条件に惹かれ、佳奈の娘千寿の依頼を引き受けた浅見は、いつしか怨霊や生霊の息づく古都の底知れぬ深みにはまっていたのだった。



stars-4-0-.gif


2009年1月11日 読破


| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

鷺と雪/北村 薫

 2009年 第141回 直木賞受賞



 女子学習院に通う士族令嬢・花村英子と女性運転手〈ベッキーさん〉が活躍するシリーズも、第3弾。ついに 完結です。昭和10年秋、廉価で操作が簡単なカメラ〈オリムピック〉が発売され、英子の級友たちもこぞって手に入れた。だが小松子爵家の千枝子が初めて撮 影した写真の中に、日本にいるはずのない婚約者が写っていたという。英子はその謎を解決できるのか? そして年も明けた昭和11年の、ある雪の朝。英子は 運命の電話をかけてしまう……。時の歯車が動くように、人はただその道を歩むのみ。切なくも劇的な、シリーズの幕切れです。



img20090801.jpg



 花村家の当主は財閥系商事会社の社長。娘の英子はベッキーさんの運転するフォードで女子学習院とおぼしき学校に通うという絵に描いたような上流のお嬢様。物語は英子の一人称で進行する。

 “ベッキー”さんこと別宮みつ子。学者の家に生まれ、アメリカの大学を卒業したが、帰国して花村家のお抱え運転手になった。「才色兼備という言葉が制服を着たような」女性で、文武両道の達人である。

 本書は「街の灯」「玻璃の天」に続くシリーズ第三集で、昭和十年前後の華族社会を背景にした三つの話を収める。

 多くの人でごった返す伯爵邸から弟の子爵がこつぜんと姿を消し、浅草でルンペンになっていた“不在の父”。中学受験を控えた和菓子屋の息子が深夜の上野公園で補導されたが、本人はその理由を明かそうとしなかった“獅子と地下鉄”。子爵令嬢が服部時計店でカメラを買って試し撮りしたところ、外国にいる許婚者の姿が写っていた“鷺と雪”。

 日常でしか奥深い事件の謎が、ベッキーさんの推理によってあざやかに解明されていく過程の面白さも然ることながら、背景となる上流社会の描写に精彩があって、こちらまでちょとセレブな気分になれる。



stars-2-5-.gif

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »