« 彼女らは雪の迷宮に/芦辺 拓 | トップページ | 悪党/薬丸 岳 »

2009年8月17日 (月)

智天使(ケルビム)の不思議/二階堂 黎人

 大学生にして、多くの刑事事件の解決に貢献した、「名探偵」水乃サトル。親しくなった刑事から聞かされたのは、サトルもよく知っている人気女性マンガ家に容疑がかかり、迷宮入りした殺人事件の詳細だった。相互に矛盾する手掛かりから、真相にたどりつくことはできるのか!?やがて、彼女の周辺で新たな殺人が起こり、事態は混迷をきわめて…。現在と過去の二つの事件。巧緻を極めた、驚くべき完全犯罪計画。圧倒的な緊迫感で描く、究極の本格推理小説。



 img20090817.jpg



 崩しようのないアリバイと、極端に作為的な殺人と死体遺棄。手掛かりは相互に矛盾しており、真相は闇のなかだ。刑事たちは、天馬ルミ子が主犯、彼女に影のように従う男・杉森修一が実行犯だと考えているのだが、その証拠は得られていない。

 事件に興味を持って調べ始めたサトルは、さらなる殺人事件に遭遇する。そこでもまた、考えられないような奸計が張り巡らされているのだった……。

終始本格ミステリーにこだわり続け、トリッキーで大胆な作品を連発する二階堂黎人の鮮やかなる傑作。



stars-4-0-.gif

|

« 彼女らは雪の迷宮に/芦辺 拓 | トップページ | 悪党/薬丸 岳 »

二階堂 黎人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彼女らは雪の迷宮に/芦辺 拓 | トップページ | 悪党/薬丸 岳 »