« 妃は船を沈める/有栖川 有栖 | トップページ | 2009年 秋烏賊(その1) »

2009年8月30日 (日)

龍神の雨/道尾 秀介

 人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。



 img20090830.jpg



 「だまされまいと心して読んでいるのに、またしてもだまされた」

 今もっとも注目されている若手ミステリー作家、道尾秀介の作品を読み続けている人なら誰しも思っていることだろう。

 作者は一作ごとに傾向も味わいも違う作品を書き続けながら、読者を跳び上がらせる大胆極まりない仕掛けを常に用意している。そう、道尾秀介はもっとも油断のならない作家である。

 本書は肉親と死に別れた二組のきょうだいが登場する犯罪小説風のサスペンスである。

 19歳になる添木田蓮は実母の急死後、暴力をふるう継父を疎ましく思いはじめる。その感情は、中学3年生の妹の楓に対し、継父が性的な劣情を向けていると思い込んだ瞬間から、殺意へと変わっていく。

 一方、中学生の辰也と小学校の圭介の兄弟は、実母の死後に再婚した父親を病気で失い、継母と暮らしていた。達也は継母の存在を認めず非行に走り、圭介は2年前に実母が死んだ原因が自分にあるとひそかに悩み続けていた。

 台風による大雨の日、蓮は継父を事故死に見せかけて殺す仕掛けをして外出する。帰宅した蓮は、継父の死体を発見するが、妹の楓から自分が継父を殺したと告白される。二人は死体を遺棄しようとするが、殺人の証拠となるスカーフが、辰也の手に渡ってしまう。

 物事も人間のありようも、一面からでは判断できない。二組のきょうだいの視点人物である蓮と圭介。彼らが“見た”、息づまるような現実を追っていくうち、読者は作者が仕掛けた周到な罠にからめ捕らわれていく。



stars-3-5-.gif


|

« 妃は船を沈める/有栖川 有栖 | トップページ | 2009年 秋烏賊(その1) »

道尾 秀介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妃は船を沈める/有栖川 有栖 | トップページ | 2009年 秋烏賊(その1) »