« 我が家にMacが… | トップページ | 2009年秋烏賊(その2) »

2009年9月23日 (水)

火村英生に捧ける犯罪/有栖川有栖

 京都で、30歳のエステティシャンが扼殺(やくさつ)された。ほどなくして、大阪府警に「これは火村英生に捧げる犯罪だ」という文面の挑戦状が届く。一方、作家の有栖川有栖のもとには「先生に盗作されたと言っている人物がいる」との怪電話が……。

 気鋭の犯罪社会学者・火村英生と、ワトソン役の作家・有栖川有栖が登場する人気シリーズ。表題作を含む短篇4本、そして携帯サイトに掲載された掌篇4本の計8本、本格ミステリーの旗手の精緻かつ洒脱な世界。



 img20090923.jpg



 キャラも立っていてスラスラと読める短編集ではある。が、タイトル負けしている感が否めない。



stars-3-0-.gif


2009年2月11日 読破

|

« 我が家にMacが… | トップページ | 2009年秋烏賊(その2) »

有栖川有栖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家にMacが… | トップページ | 2009年秋烏賊(その2) »