« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月28日 (水)

砂冥宮/内田 康夫

 忘れられた闘いの地で男は忽然と消えた――実業之日本社創業111周年特別書き下ろし作品。

 三浦半島の須賀家は文豪・泉鏡花の『草迷宮』の舞台のモデルとなった旧家である。浅見光彦は雑誌「旅と歴史」の取材で、須賀家を訪ね、当主の須賀智文から話を聞く。その須賀老人は、家族に「金沢へ行く」と言い残して家を出て数日後、石川県小松市の安宅の関跡で死体となって発見された。光彦は死の真相に近づくため、金沢へ向かうが、須賀老人の足跡は意外な場所で途切れていた……。



 img20091028.jpg



 本書、内田康夫定番の浅見光彦シリーズ105事件目となる旅情推理小説。話は文豪・泉鏡花ゆかりの地を巡るべく北陸・金沢を訪れた老人の不可解な死によって幕を開け、神奈川県横須賀市と石川県金沢市が舞台である。

 警察は老人が殺害されるまでの足取りを追うが、はっきりとしたことはわからない。 しかし、独自に調査をおこなっていた浅見は、ふとしたことから老人が金沢近郊の町・内灘までやってきていたことを知る。

 毎回、旅情溢れるミステリーでおなじみの浅見光彦シリーズだが、今回は少々趣が違い物語全体を覆っている雰囲気は重苦しさ感じる。また、お約束の恋愛模様と刑事局長の弟という身分バレのシーンがないのが寂しい。“細かく積み重なった謎に浅見光彦が挑む”というお馴染みのストーリー展開ではあるが、それでも読者は思わず謎に引き込まれ、飽きることがないのは、まさに著者の技量であろう。



stars-3-0-.gif


2009年4月21日 読破

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

iPod shuffle

 これまでデジタルミュージックプレイヤーとして、iPod nano の「1st generation」と「4th generation」を使っていた。ユーザーインタフェイスは申し分ないのだが、ランニングやウォーキングする時に若干かさばるのが難点だった。そこで9月10日に新しい iPod shuffle が発売になったので買ってみた。



20091025.jpg


 届いて実際に手に取って見てみると、ビックリするほど小さい。USBメモリほどの大きさだ。これなら軽いスポーツをするときにでも使えるぞsign01 それに価格も安いときている。現在、フラッシュメモリの価格が4Gで1,000円を切っているから当然かもしれないが・・・。

 iPod nano を Win で使うと iTunes の立ち上がりが非常に遅い、フリーズしたのかと思うほどでイライラしていた。しかし、Mac にスイッチしてからというもの iTunes の立ち上がりが驚くほど早いからストレスを感じなくなった。それに何をするにしてもサクサクと動いてくれるから快適である。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

ミレニアム 1(上・下)/スティーグ・ラーソン

 月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べていた。背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働きで、ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエットが、およそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。ミカエルは信頼を受諾し、困難な調査を開始する。



img20091022.jpg img20091022_1.jpg



 本書、孤島で起きた少女失踪事件の謎、富豪一族の闇、愛と復讐…あらゆるエッセンスを織り込み、壮大な構想で描き上げたエンターテインメント大作である。

 ミカエルはハリエット失踪事件に関する膨大な資料を読む一方、ヘンリックの一族のいわくありげな人々の中に分け入っていく。やがて彼は、ハリエットの手帳に書かれた暗号のようなメモを発見する。

 そして2ヶ月の刑を勤め終えた彼は、失踪当日のハリエットを写した一連の写真を見て疑問を抱く。その場所でいったい彼女に何が起きたのか? また、写真に写っていたハリエットの部屋の人影は誰のものか? 深まる謎を調査するには助手が必要だと感じたミカエルは、ふとしたことからリスベットの存在を知り、彼女の協力を得ることに成功する。

 二人は調査を進め、リスベットはミカエルにしだいに魅かれていく。だが、何者かが卑劣な妨害を仕掛けてきた!やがて浮かび上がる忌まわしい事実とは?幾重にも張りめぐらされた謎、愛と復讐。



stars-3-0-.gif


2009年4月11日 読破

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

プリズン・トリック/遠藤 武文

 第55回江戸川乱歩賞受賞作品



 交通刑務所で発見された変死体。

 「前へ倣え」姿の死体のそばには、「石塚、死すべし。宮崎」と書かれた紙があり、宮崎春雄が行方不明になっていた。

 刑務所内での密室殺人の裏に隠された、恐るべき計画と真実とは―。



 img20091020.jpg



 本書、殺人の舞台が交通刑務所という特異な空間というのが異色である。しかも密室で受刑者が殺されている。ここまでは引き込まれる。しかし、この後に犯人と死んだ受刑者が入れ替わっている部分があるが、簡単に解ってしまうところが頂けない。もう少し何とか成らなかったのだろうか…。

 その後も交通事故の被害者や加害者、その家族、刑事、保険会社社員、政治家などなど、視点人物が交錯し時に入れ替わり、話は二転三転、更には似た名前の人物ばかりで読み辛いことこの上なしである。よほど注意して読まないと混乱しかねない。だが、復習に燃える犯人の用意周到さには驚かされる。普通ここまでやるか?って感じだ。

 気になるラストだが、帯で東野圭吾が推している割には大したトリックもなく驚きが少なかった。もう少し捻りが欲しいところだなぁ。



stars-2-5-.gif

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

臨床真理/柚月 裕子

 2008年 第7回 『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品



 臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司という二十歳の青年を担当することになる。司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。少女の死は他殺だと言うのだ。その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探り始める。しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事が明らかになる。



img20091018.jpg



 本書、臨床心理士が患者である障害者をカウンセリングしていく過程で、ある事件に絡んでいくというもの。序盤は大したことはなく、中盤あたりから引き込まれる作品ではあった。だが、途中で真犯人が解ってしまうのはいただけない。障害者に関連する犯罪だっただけに難しかったのか。



stars-3-0-.gif


2009年3月15日 読破

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

立山

 データを整理していたら、昔撮った写真がたくさん出てきた。懐かしいからアップしてみることに。
 これは、2002年8月、立山へ行った時の写真。

 室堂平から

img20091017.jpg

 天狗平から

img20091017_1.jpg

 弥陀ヶ原で

img20091022.jpg

img20091017_3.jpg

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

さよなら渓谷/吉田 修一

 どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない……。

 きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、 15年前の"ある事件"。長い歳月を経て、"被害者"と"加害者"を結びつけた残酷すぎる真実とは――。『悪人』を超える純度で、人の心に潜む「業」に迫った長編小説。



 img20091016.jpg



 報道陣は、幼児殺害事件の被害者の母親を毎日囲み続ける。しかし、ある記者が被害者宅の隣人が、15年前に起きた別の事件の関係者だったことを知る。そこから物語の焦点は、幼児殺害事件の被害者宅の隣人へと移って行く。

 本書、レイプ事件の加害者と被害者が、十五年の歳月を経て夫婦のように一緒に暮らしている日常を描いた小説である。絶対にあり得ないと思える状況ではあるが、著者によれば究極の恋愛を描いたということらしい。

 「運命の相手」とこれ以上ない不幸な出会い方をしてしまった男と女。言い換えれば、不幸な出会い方をしたからこそ、互いの「運命の相手」になりえた男女を描いたと言えるかもしれない。



stars-3-0-.gif


2009年2月22日 読破

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

Mac にスイッチして・・・

 Mac にスイッチして早や1ヶ月が経ち、なんとか使えるまでになった。最初は戸惑いもあったが、使っているうちに慣れてくるものだ。今では Win と変わらないまでにはなったが、システム関係は未だに解らない。weep

 今後の予定としては AppleScript を使えるようにならなくてはと考えている。Win だと VBS があるが、どうやらマクロ言語に近いらしい。しかし、実際にはプログラミング言語の一種で、通常はコンパイルしてから実行するようだ。どちらかといえば Visual Basic に近いのだろう。まぁ、これからの楽しみが増えたというものだ。



img20091012.jpg


 Mac を使い込んでいくと Win の不安定さが浮き彫りになってくる。速度も然ることながら、やはり安定性にかけては Mac の方が上だ。一昔前までは Mac も同様だったが、『Leopard』そして『Snow Leopard』の登場で Win より安定性が上回ったのは確かだ。アプリをインストールしても OS 自体には入り込ませないようになっている。ここが Win とは違うところだ。流石、UNIX ベースだけのことはある。



 速度も断然ちがう。ウェブブラウザをひとつとっても『Sfari』と『IE』の違いは歴然だ。そのなかでも一番驚かされたのはファイル検索の『Spotlight』だ。Win でいう『デスクトップ サーチ』がこれにあたる。双方ともファイルのインデックスを自動作成するが、明らかに早さが違う。

 Mac には”待つ”という言葉がない。Win とは根本的に発想や作り方が違っているのだろう。ハードウェアの持つ性能を限りなく発揮させている感じがする。



 とにかく何をしても『Mac OS X - Snow Leopard』は早い。パワーオンからシャットダウンするまでストレスを感じさせない最高の OS だ。もうすぐ『Windows7』が発売されるが、速度と安定性は如何に?

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

新参者/東野 圭吾

 日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。



 img20091010.jpg



 東野圭吾作品に登場する敏腕刑事『加賀恭一郎』が日本橋署に赴任し、ある難事件にいどむ。ひとつの事件にまつわる容疑者たちのアリバイをあばいていく9話からなる短編集。各章では事件周辺の人物にそれぞれスポットがあてられ、事件とは直接関係のない小さな謎が解き明かされるにつれ、事件の全貌が徐々に浮かび上がり解決へと繋げていく。

 事件を追う新参者の加賀が残す足跡には人情という言葉が残る。



stars-4-0-.gif

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

月下天使/高橋 克彦

 腐りきったこの世への怒りを胸に、彼女は舞い降りた―。巨悪を狙った連続殺人に騒然とする中、喫茶店「ドールズ」に新しくアルバイトの女性・聖夜がやってきた。謎めいた彼女の過去は、江戸から現代の少女の身に転生した目吉をはじめとする一行を畏るべき敵との対決へと導く―。稀代の名キャラクター・目吉が迎えた最大の危機、待望のシリーズ最新刊。



img20091007.jpg



 小学生の少女・怜の中に棲む江戸の天才人形師・目吉が現代のあらゆる謎を解き明かす。警察学校で剣道を教える腕前だったという女性・聖夜がドールズのアルバイトに加わった。謎めいた彼女の心に宿る恐ろしき決意とは……。



stars-3-0-.gif


2009年2月15日 読破

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

コンダクター/神永 学

 予測不可能ハイスピード・モザイク・サスペンス!集められたオーケストラ。首なし白骨死体。怪しげな男。謎のリンゴマーク。欠落した記憶……。予測できない展開、読み進めるほどに深くなる謎、そして驚愕のラスト――「心霊探偵八雲」の神永学の書き下ろし大作。



 img20091002.jpg



 ミュージカルのオーケストラピットのメンバーとして、音大時代の仲間と再会を果たした朽木奈緒美は、これから始まる仲間との仕事を楽しみにしていた。そんな中、とある場所で謎の変死体が発見されてから、奈緒美の周辺でおかしなことが起こり始める。毎夜の悪夢、アパートの窓から外を見つめる首無しの白骨、次第に壊れ始める友情、そして怪事件を狂信的に追う刑事…音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない複数の出来事で崩壊の道をたどり始める。しかし、それは…。自らの欠落した記憶を追ううちに、いつしか暗黒の渦に巻き込まれてゆく奈緒美がたどり着いた真実とは…。



stars-3-0-.gif


2009年2月14日 読破


| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »