« 砂冥宮/内田 康夫 | トップページ | 雲海 »

2009年11月 1日 (日)

パラドックス13/東野 圭吾

 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?

 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならないsign01

  張りめぐらされた壮大なトリック。論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。“奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、東野圭吾エンターテインメントの最高傑作。



 img20091101.jpg



 本書、サンデー毎日連載時から話題になっていた作品である。ファンなら刊行を指折り待っていたことだろう。相変わらず題名は理数系っぽいが、中身は実に深い人間ドラマに仕上がっている。

 追い込まれた人間は、どう変わっていくのか。本来の人間の姿なのかも知れない、と引きこまれながら、読み進めてしまう力はさすがである。

 この作品、おそらく映像化されることだろう。先に読んでおいて損はない作品だと思う。



stars-3-5-.gif


2009年4月29日 読破

|

« 砂冥宮/内田 康夫 | トップページ | 雲海 »

東野 圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 砂冥宮/内田 康夫 | トップページ | 雲海 »