« 頂きもの その8 | トップページ | 神苦楽島/内田 康夫 »

2010年4月18日 (日)

Time Machine Editor

現在、Macのファイルをバックアップするのに "Mac OS X Leopard と Snow Leopard" に標準搭載されたTime Machine を使い、『Time Capsule』に保存している。
通常 Time Machine は、バックグラウンドで自動処理してくれるというものの、バックアップ間隔は1時間に1回行われる。これではちょっと多すぎる気がする。
間隔を2時間、3時間と延ばすだけなら次のコードを「ターミナル」に叩けばOKだ。

  sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto StartInterval -int 7200

実行するときにパスワードを聞かれるので注意sign01デフォルトでは最後の数字が3600(秒)。上記だと2時間間隔である。もっと延ばしたければ数字を変更して再実行すればいい。

だが、個人的には1日に2、3回、任意に決めた時間でバックアップしたい訳で・・・。sweat02
自分の都合のいいように変えられるソフトはないものか?と ググってみた。

あったぁ〜『TimeMachineEditor』なるもの。
Time Machine のバックアップ実行インターバルを長くしたり、毎日・毎週・毎月の指定日時に実行するよう設定できるソフト。拙訳日本語リソースが採用され、日本語環境に対応している優れもの。しかも、フリー。scissors
ダウンロードはここから

操作は至って簡単。

まずは、 Time Machine の環境設定を開き、オフにする。

Time_machine
ダウンロードした『TimeMachineEditor』を開き、インターバル(間隔)/カレンダー で好みの設定にするだけ。
因に私は、インターバル/OFF、カレンダー/毎日 7:00 と 19:00 に設定。

Time__5
Time__6
最後に適用をクリックで完了。good

実際にバックアップされているかは、Time Machine の環境設定の「最新のバックアップ」で確認する。或は、Time Machine を開いて確認する。

|

« 頂きもの その8 | トップページ | 神苦楽島/内田 康夫 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321209/34283856

この記事へのトラックバック一覧です: Time Machine Editor:

« 頂きもの その8 | トップページ | 神苦楽島/内田 康夫 »