« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月23日 (月)

最後の証人/柚月 裕子

 元検察官の佐方貞人は、刑事事件を専門に扱うやり手弁護士だ。そんな佐方の許に、かつて在籍した地検の所在地で起きた殺人事件の弁護依頼が舞い込む。高層ホテルの一室で起きた刺殺事件。物的証拠、状況証拠ともに、依頼人が犯人であることを示していた。男女間の愛憎のもつれが引き起こした悲劇。世間やマスコミの誰もが、依頼人に勝ち目はないと見ていた。しかし佐方の、本筋を見抜くプロの勘は、これは単純な事件ではないと告げていた。敗戦必至の弁護を引き受けた佐方に、果たして勝算はあるのか。やがて裁判は、誰もが予想しなかった驚くべき展開をみせる…。

 Photo

 デビュー2作目にして、読者をうならせる出来栄えとなって注目を浴びている著者の柚月裕子。誰がみても絶対に負けると思われた事件に、ひとりの弁護士が挑む。その根拠は“プロの勘”だけ。それで奇跡の逆転劇に持ち込んだ。ともすると重くなりがちな法廷ミステリーを見事なまでに読み物にしてしまった、著者の実力に注目が集まる。目が離せない作家の登場は、初期作品から読むと一味違った読書の醍醐味を体験できる。

Stars45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

プラチナデータ/東野 圭吾

 プラチナデータを守るためには、国家権力のすべてが動く――。
 追う者から追われる者へ。信じられるのは、科学か、自分か。
 『プラチナデータ』とは何か、そこに隠された陰謀とは。

 Photo

 全ての事件は、DNAが解決する――。犯罪防止のため受刑者や国民のDNA情報の管理が可能となるDNA法案が国会で可決し、警察庁はDNA捜査システムを導入。警察庁特殊解析研究所主任・神楽龍平が操るこのDNA捜査システムは、現場の刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定。検挙率が飛躍的に上がる中、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警視庁捜査一課の浅間は、神楽のもとへ訪れ、遺留品のDNA解析を依頼する。事件は、いつものように簡単に解決されるはずだった。だが、DNA解析の結果は『Not Found』。 犯人は、この世に存在しないのか?この未解決事件は『NF13』と呼ばれ、神楽や浅間らを翻弄する。
 時を同じくして、新たな殺人事件が発生。殺されたのは、なんとDNA捜査システムを発明した天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作であり、神楽とは友人の二人だった。「『NF13』について話がある。」そう神楽に言い残し、伝えることのないまま命を失った二人。彼らは、なぜ殺されたのか?神楽に何を伝えたかったのか?後悔と悲しみの中、現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされる。……『RYUHEI KAGURA 適合率99.99%』
 追う者から追われる者へ。信じられるのは、科学か、自分か――。浅間の協力のもと、やがて神楽が掴んだ『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。衝撃の事実が待ち受ける渾身のサイエンスミステリー。

Stars40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »