« 2010年 紅葉 その2 | トップページ | 確信犯/大門 剛明 »

2010年12月 4日 (土)

MacでオリジナルCDを作る

 インターネットラジオのストリームを録音、編集してオリジナルのCDを作る。
 用意するのソフトは、『Snowtape』と『Audacity』の二つ。

 Snowtapeは、ストリーミング中の曲名、アーティスト名、アルバム名、アルバムアートワークなどの情報が表示される。しかも、録音機能が付いている優れもの。編集機能も付いてはいるが弱い。

Snowtape
 録音はストリーミング中に赤いボタンを押すだけで、トラック毎に録音してくれる。なお、トラック間の自動カット機能やCMの削除、エクスポートのフォルダ、エクスポート形式などを先に環境設定で設定しておく。

Snowtape_
Snowtape__2
 今回の Ver.2 では複数のラジオ局から一度に録音することができ、スケジュールまで付いている。あと、Ver.1 からあるアルバムアートワークの検索エンジンも備えているから、カバーが表示されない、または気に入らない場合は検索して指定すればOK。
 このSnowtape Ver.2 はシェアウェアでUS$33。価格以上の機能が備わったかなり満足のいくネットラジオソフトだと思う。

 Audacityは、フリーでオープンソースのレコーディングおよびサウンド編集ソフト。非破壊編集のため処理が速く、音声の切り出しやエフェクト処理といった編集内容のアンドゥ・リドゥが無制限なのが特長。

Audacity
 また、WAVE/Ogg Vorbis/AIFF形式の音声ファイルを読み書きすることができ、MP3エンコーダー「LAME」をインストールすることでMP3ファイルにも対応する。

Lame
 音声ファイルはドラッグ&ドロップで複数同時に読み込むことができ、複数トラックの同時再生のほか指定トラックのみの再生も可能な優れたソフトである。


 オリジナルCDの作り方は簡単だ。順序は以下の通り。

 ① Snowtapeでネットラジオのストリームを録音
 ② 気に入った曲だけをエクスポート(ファイルで保存)
 ③ Audacityで編集し保存(書き出し)
 ④ iTunesのライブラリーに追加
 ⑤ iTunesでディスクを作成

 ソフトの使い方は、各々ググれば詳しく分かる。

|

« 2010年 紅葉 その2 | トップページ | 確信犯/大門 剛明 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321209/37953708

この記事へのトラックバック一覧です: MacでオリジナルCDを作る:

« 2010年 紅葉 その2 | トップページ | 確信犯/大門 剛明 »