« MacでオリジナルCDを作る | トップページ | 風のなかの櫻香/内田 康夫 »

2010年12月 5日 (日)

確信犯/大門 剛明

 広島で起きた殺人事件。被告人は判決で無罪となった。だが14年後、末期がんに冒された元被告は告白した。犯人は自分であると…。その直後、事件を担当した裁判長・末永が殺された。嫌疑をかけられたのは被害者の息子・吉岡拓実。拓実は本当に事件を起こしてしまったのか。裁判に関わった二人の判事・正木響子と穂積直行、そして拓実の恋人・高遠乃愛は、二つの事件に隠された驚愕の真相に翻弄されてゆく―。司法格差の闇を鋭く抉った衝撃の問題作、戦慄のラスト。

 Photo

 本作、司法界の格差問題をテーマにミステリアスな事件を見事に描き上げている。
 裁判に関わった二人の判事や容疑者の恋人など、多視点で展開していく本作は、単なる犯人捜しで終わらず人間ドラマの妙でぐいぐいと読ませていく。それぞれの複雑な思いが交錯したまま、新たな事件が巻き起こっていくからだ。
 そのほか、法廷内だけではなく広島の野球スタジアムが舞台だったり、司法改革の問題に切り込んでいたりするなど、物語に広がりや深みが感じられる。もちろん最後に待ち受けているの驚愕の真実だ。巧みな仕掛けに驚くばかりである。

Stars40

|

« MacでオリジナルCDを作る | トップページ | 風のなかの櫻香/内田 康夫 »

大門 剛明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321209/37965358

この記事へのトラックバック一覧です: 確信犯/大門 剛明:

« MacでオリジナルCDを作る | トップページ | 風のなかの櫻香/内田 康夫 »