« どちらかが彼女を殺した/東野 圭吾 | トップページ | 私が彼を殺した/東野 圭吾 »

2011年2月26日 (土)

悪意/東野 圭吾

 4件目。刑事になった理由。

 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人ななぜ、人を殺すのか。超一流の "Who and why done it" によってミステリーの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。

 Photo

 本書の構成は、語り部となる二人の人物による手記と記録とが交互に著され、ある事件の奇怪な様相が次第に浮き彫りにされていく仕掛けである。真実と思ったものがそうではなく、虚偽と断じられたものが真実となり、読者は何度も騙され、肩すかしを食らいながら翻弄されることなるが、本書の持つ雰囲気はむしろ暗い墨色が滲んでいくように淡々として静かに怖い。

Stars40

|

« どちらかが彼女を殺した/東野 圭吾 | トップページ | 私が彼を殺した/東野 圭吾 »

東野 圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321209/39023430

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意/東野 圭吾:

« どちらかが彼女を殺した/東野 圭吾 | トップページ | 私が彼を殺した/東野 圭吾 »