« 悪意/東野 圭吾 | トップページ | あの頃の誰か/東野 圭吾 »

2011年3月20日 (日)

私が彼を殺した/東野 圭吾

 5件目。最大の挑戦状。

 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。
 事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。

 Photo_2

 脚本家であり、作家でもある穂高誠が、新進の女流詩人、神林美和子との結婚式当日に毒殺された。容疑者は、穂高のマネージャーを務める駿河直之、敏腕編集者の雪笹香織、そして、美和子の兄、貴弘の3人。
 物語は、容疑者3人の一人称一視点で構成されるが、内の2人は事件後に「自分が彼を殺した」と述懐している。余す1人も、被害者への憎悪や殺意を隠そうとはしていない。だが、実際に手を下したのは1人。
 誰が彼を殺したのか?本文中には犯人を明かす記述がない。
 先に刊行された『どちらかが彼女を殺した』よりも難度が高いとされている。

 

Stars35

|

« 悪意/東野 圭吾 | トップページ | あの頃の誰か/東野 圭吾 »

東野 圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321209/39299295

この記事へのトラックバック一覧です: 私が彼を殺した/東野 圭吾:

« 悪意/東野 圭吾 | トップページ | あの頃の誰か/東野 圭吾 »