« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

2012年春烏賊 その2

 昨日(5/19)今季2度目の春烏賊を狙いに京丹後市へ車を走らせた。rvcardash

 今回は、先週行ったポイントとは違い京丹後市の北部を狙った。7時頃に到着し、タックルの準備に取りかかる。この日はウネリや風もなく、絶好の釣り日和。「これで釣れなかったら最悪の日やぁ〜」と独り言を良いながらシャクリ始めた。

 30分が経過したころ…。

 ”グッ”っと竿先に…。

 「きたぁ〜」shine

 “グィ~~ン”あれsign02

 思ったほど引きが弱い。

 難なく引き寄せ、ギャフを射れる。

20120519_01

 900gと小ぶりの烏賊ちゃん。

 この後、しばらくシャクルがアタリがない。despair

 10時ごろ、2度目のアタリsign03

 これも、先ほどと同じく引きが弱い。sad

20120519_02

 難なく釣り上げ2杯目をゲット。
 またもや小ぶりの烏賊ちゃん。750gだ。
 
 次こそはとシャクルが、あとが続かない。

 昼頃には風が出てきて釣り難くなったので、撤収することに。

 結局この日の釣果は、小ぶりの烏賊ちゃん2杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

2012年春烏賊

 昨日(5/13)今季初の春烏賊を狙いに、日本海は香住へ向け車を走らせた。午前6時半ごろ現地に到着。少しのウネリと微風。これなら釣りはできると思い早速タックルの準備に取り掛かかり、7時前にはシャクリ始めていた。

 10時ごろ風が強くなりはじめた。糸ふけが大きくなって釣り難いが、なんとかシャクれるのでこのまま続行。ここまでにロストが2本。weep

 11時半、またもやロスト。釣れない、おまけにロストは3本、我慢の限界だ。pout と、いうことで竿を畳むことにした。香住は Dead ね。

 このままでは帰れないので、京都府は京丹後市へ向け車を走らせることに…。午後1時半過ぎに到着し、タックルの準備に取り掛かかる。風は吹いているが、香住ほどじゃない。

 早速、キャスト。

 シャクリ。

 シャクリ。

 ドラグが“ジィ~~~~~”

 「きたぁ~~~~」impact

 “グィ~~ン”“グィ~~ン” と強い引き。楽しい。

 後ろに♀が付いてきている。ツガイだったようだ。

 ギャフを射れると、まぁまぁのサイズで1,400gだった。good

2012_01

 久々の引きを楽しんだ。

 先ほどの♀ちゃんをゲットと思い、キャストするが釣ることができない。

 そうこうしているうちにロストが2本目に…。最悪~~。crying

 時間も3時になったことだし、ここで撤収することに。

 今回の釣果は、♂の烏賊ちゃんが1杯でロストが5本。

 どうしてもタイトに攻めないと釣ることができないので仕方のないことだが…。でも割が合わないなぁ~。coldsweats02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

心霊探偵八雲 8、9/神永 学

 一人の男に導かれ、雑草だらけの獣道をのぼる八雲。ところが、辿りついた鍾乳洞で事態は思わぬ展開を見せはじめた。いつの間にか失っていた意識、気付くと目の前に転がっていた死体、そして警察に舞い込む「容疑者・八雲」の急報。嫌疑をかけられた八雲は、混乱の中、捜査網をかいくぐるはめになる――。はたして、緊迫の逃走劇を続けながら、複雑に絡み合う謎を解くことができるのか!?

 8_2

 刑事を辞め、八雲と心霊専門の探偵を始めた後藤に持ち込まれたある相談。同じくして樹海で発見された身元不明の遺体、その時八雲は!?

 9

Stars40


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ナミヤ雑貨店の奇蹟/東野 圭吾

 夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。
 あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は……。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。すべての人に捧げる、心ふるわす物語。

 Photo_3

 日本中がトイレットペーパーの買い占めに狂奔していたころ、東京近郊に浪矢雄治なる老人が営む「ナミヤ雑貨店」があった。その店は近所の子どもたちに「ナヤミ雑貨店」として親しまれ、いつしか恋や進路に迷う若者たちまでもが人生相談を持ち込むようになる。その際の決まり事がは二つ。相談者は夜、下ろしたシャッターの投函口から手紙を入れること。返信は店の裏手にある牛乳箱に入れておくので、各自で回収すること。
 物語は浪矢老人が亡くなって33年目の夜中、廃墟となっていた店に3人のチンピラたちが忍び込むシーンから始まる。
 彼らのもとに過去から届く手紙、案外真面目な彼らが律儀に送り出す返信。ちゃぶ台、おやじのステテコ姿、ビートルズのアルバム、ホンダのシビックやソニーのウォークマンなど細部の物尽くしも楽しい5話を重ね、今となっては古風にすらみえる昭和の若者たちの姿を浮かび上がらせる。ラスト、各話をつなぐ糸が明らかになる絵柄もお見事だ。
 このファンタジーの中で最も美しいのは、若き日の浪矢青年が未遂に終わった駆け落ち相手の女性に送った手紙だろう。相手の魂を鎮めるかのような思いやりと祈りの念に満ちた言葉。老人は相談者のその後が知りたいと、一夜だけ相談窓口を復活するよう遺言した。その際彼が確かめたかったのは、自分の影響力ではなく経年劣化しない言葉の生命力ではなかったか。

Stars40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »