東野 圭吾

2013年6月15日 (土)

夢幻花/東野 圭吾

 退職し、花を愛でながら悠々自適な生活を送っていた老人・秋山周治が殺された。遺体の第一発見者は孫娘の梨乃。梨乃は祖父の死後、庭から消えた黄色い花のことが気にかかり、花の写真をブログにアップする。それを見て、身分を隠して近づいてきたのが、警察庁に勤務するエリート・蒲生要介。ひょんなことから、その弟・蒼太と知り合いになった梨乃は、蒼太とともに、事件の真相と黄色い花の謎解明に向けて動き出す。西荻窪署の刑事・早瀬らも事件の謎を追うが、そこには別の思いも秘められていた。

  32910491

 現代ものの読者の多くは、あまり複雑でなく、先行きの展開に予想がつく物語を好む。と著者が判断したのかどうか、連載は黄色いアサガオを咲かせるよう、怪しげな研究所に雇われた主人公が何者かに追われるサスペンス小説となっていたが、東野圭吾は徹底的に手を入れたいと、出版を凍結させた。「黄色いアサガオ」というテーマを扱うにはサスペンス小説よりも、謎を追求する形式の本格推理のほうがふさわしかったと、直観的に見抜いたからではないか。
 刊行された本書は、連載版とはほとんど同題異作である。カギを握る女性・伊庭孝美、市井のアサガオ専門家である歯科医を除いて、登場人物もまったく入れ替えられた。
 原型の主人公と下の名前が同じ人物はすぐ死体となる。被害者の孫娘・梨乃は、ある事情で水泳のスター選手の座を去った。彼女が偶然出会ったのは、福島の原発事故以来、進路に悲観的になっている原子力工学の大学院生で、ともに事件を追う成り行きに。また担当の一刑事は、かつて被害者に救われた自分の息子からの信頼を回復したくて、単独捜査に励む。
 
複雑な謎解きに加え、それぞれに夢破れた3人が真相の追求を通じて、希望を取り戻してゆく過程が有機的に絡んで、深みのある物語となった。人物のつながりに偶然が重なる都合の良さには目をつぶろう。

Stars45

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

同級生/東野 圭吾

 修文館高校3年生の宮前由希子が交通事故にあい、死亡した。彼女は妊娠しており、産婦人科に行く途中での事故死だった。だが、事故現場にはある教師がいたことがわかる。野球部キャプテンの西原荘一は由希子のお腹の子供の父親は自分であると認めた上で、由希子の死の真相に迫る。しかし、学校内で新たな事件が起き、事態は予想外の方向へ。
 由希子の死と、学校で起きた事件の真相は?本格学園青春ミステリー。

 Photo

Stars45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

分身/東野 圭吾

 函館市生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた―。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を禁止される。北海道と東京に住む二人の女子大生、鞠子と双葉。不自然な双葉の母の突然死がきっかけとなって、二人の出生に隠された恐るべき秘密が姿を現し始める……。現代医学の危険な領域を描くサスペンス長篇。

 Photo
Stars45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

美しき凶器/東野 圭吾

 安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。すべてはうまく運んだかに思われたが…。毒グモのように忍び寄る影が次々と彼らを襲った!迫りくる恐怖、衝撃の真相!俊英が贈る傑作サスペンス。


Photo

 
タイトルの『美しき凶器』とは、ある外国人女性のことを指しているが、ただの女性でない。肉体的に洗練化されたサイボーグと化した女性である。主人・仙堂之則を殺害された復讐を果たすべく、全く手段を選ばない彼女の行動は常軌を逸している。じわりじわりと追い詰められてゆく男女併せて4人の心境を察すると、生きた心地がしなかったであろう。だが、そうでない人物が一人いた。その人物の密かな計画は…。

Stars35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

ある閉ざされた雪の山荘で/東野 圭吾

 劇団「水滸」の次回公開のオーディションに合格した7人の男女が演出家の名前で送られてきた手紙によって、早春の乗鞍高原のペンションに招集される。到着した7人を待ち受けていたのは、ペンションを外部から孤立した「吹雪の山荘」に見立て、クリスティの「そして誰もいなくなった」をなぞるかのような、シナリオのない創作殺人劇の舞台稽古を行うようにという演出家の指示。最初はゲーム感覚で芝居作りに参加していた彼らも、やがてひとり、ふたりと「被害者役」に割り当てられた仲間が姿を消していくにつれて、ひょっとしたらこれは芝居の筋書きなんかじゃなくて、本当に殺人が行われているのではないかという疑心暗鬼に取り憑かれていく。しかし、虚実の皮膜で宙吊りにされた登場人物たちは、なす術もなく、指をくわえて事態の進行に身を任せるしかない・・・。

 Photo_2
 古典的な本格ミステリーの常套手段を逆手に取りながら、作中で起こっている出来事が、現実の殺人なのか、それとも芝居なのか、最後まで底が見えないように仕掛けられた本書の設定は、安直どころか非常に巧みに考え抜かれたものである。

Stars45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

天使の耳/東野 圭吾

 「天使の耳」「分離帯」「危険な若葉」「通りゃんせ」「捨てないで」「鏡の中で」からなる交通事故をテーマにした短編集
 深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのはどちらの車か。死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚くべき方法で兄の正当性を証明した。日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した連作ミステリーである。

 Photo

Stars40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

変身/東野 圭吾

 世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯! 脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。 平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める。

 Photo

Stars35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

仮面山荘殺人事件/東野 圭吾

 八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。

 

Photo

 主人公の樫間 高之の婚約者、森崎 朋美は結結婚式場での打ち合わせの帰途、運転していた車の事故で死んでしまう。それから数ヶ月後、高之は朋美の父親から別荘に招待されるが、そこでは思いもよらぬ事件が彼を待っていた。
 別荘には8人の男女がいた。夕食の席上、そのうちの一人が朋美の死について疑いを持っていることを明らかにし、高之は説明のつかない不安に襲われる。そんなことがあった夜、警察から追われている銀行強盗の二人組が別荘に逃げ込んできて、滞在者全員を監禁するという事件が起こる。そして、ついに別荘内で謎の殺人事件が起こり…。
 ストーリーは非常に簡単明瞭、ストレートな展開だ。招待客たちと二人組の強盗との息詰まる駆け引きがテンポよく書き進められ、次第にサスペンスが盛り上がってくる。そして、クライマックスに達した時、とんでもないドンデン返しが待ちかまえているのだ。
 読者の注意が銀行強盗から全員がどのように逃げるのか、あるいはどのように銀行強盗を捕まえるのかに向かっている時に、著者は大きな穴を掘り、笑いを浮かべて、読者が仕掛けに引っ掛かるのを待っている。

Stars45

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

宿命/東野 圭吾

 高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。

 Photo_3

 かつてライバルだった二人の男、和倉勇作と瓜生晃彦。小学校時代から、クラスのリーダー的存在だった勇作。しかし、勉強もスポーツも、何をやっても晃彦にだけは勝てなかった。そんな二人の関係は、その後も続くのだが…。
 そして現在。日本有数の電機メーカーUR電産社長の御曹司である晃彦は、統和医科大で医師の道を歩んでいた。一方、事情から統和医科大進学を断念した勇作は、警察官となっていた。勇作は、ある殺人事件の捜査で十年ぶりに晃彦と再開する。
 ライバル関係に三角関係。そこに殺人事件も絡んでくるというフルコースである。殺人事件の謎解きも手抜きはないが、メインディッシュはやはり二人のライバル対決の行方だろう。やがて明らかになる、『宿命』の謎とは。

Stars45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

禁断の魔術/東野 圭吾

 『虚像の道化師 ガリレオ7』を書き終えた時点で、今後ガリレオの短編を書くことはもうない、ラストを飾るにふさわしい出来映えだ、と思っていた著者が、「小説の神様というやつは、私が想像していた以上に気まぐれのようです。そのことをたっぷりと思い知らされた結果が、『禁断の魔術』ということになります」と語る最新刊。「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編収録。ガリレオ短編の最高峰

 Photo 

 ガリレオ7に続く、ガリレオ短編集の最新作が早くも登場。しかも掲載の4編が完全書き下ろしのうえに、シリーズ最高峰との前評判なのだから、読まずにはいられない。あまりもの完結ぶりに、これで完結との噂もあるが、ファンは黙ってはいないだろう。科学者湯川の人物像がより深く描かれている。単なる謎解き、犯人探しでないミステリーの醍醐味を東野作品は教えてくれる。とにかく読んで損なしの一級のエンタテインメント

 透視す(みとおす)」。草薙と一緒に入った銀座の店で、ある若いホステスが湯川に特技を披露した。その後、そのホステスは殺害された
 「曲球る(まがる)」。現役続行を模索するベテラン投手に、湯川が協力することになった。そんな中、彼の妻がスポーツクラブの駐車場で遺体となって発見された
 「念派る(おくる)」。双子の姉妹の妹が、姉に連絡を取るよう頼んできた。胸騒ぎがするという。姉は自宅で、頭から血を流して倒れていた
 「猛射つ(うつ)」。かつて実験指導した高校生が、帝都大に入学したことを喜ぶ湯川。しかし、彼の姉が死亡し、入学からわずか1ヵ月で退学。連続器物損壊とフリーライターの殺害に、彼はどう関係しているのか?

Stars40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧